和文化を感じる旅

窓から見える京都の街並み

緊急事態宣言もあけたのでなんとなく福岡に行ってきました。お餅のとけしでは「和文化」を商品なり、内装なりに落とし込もうと思ってます。そのため、時々インプットの旅が必要になります。オープン前も、名古屋行ったり、東京行ったりしてました。

有名な甘味処を巡ったりしてました。

東京のお土産品店の売り子さんの制服。やっぱり制服って世界観を作るうえで大事なだなと感じたり。こういうところから、影響を受けています。


名古屋城では、より強い影響を受けていて。

「木組みの感じや障子から差し込む柔らかい光って和っぽいんだな。」と感じたので、お店に落とし込みました。

障子をつけてないので、何の意味もないのに、木枠だけ作ってもらい取り付けました(笑)この木枠、相当腕のいい業者さんじゃないと作れないそうです。さらにクーラーにも。

お客様側のカウンタースペースが暑いため、夏場にクーラーを増設しました。しかし、考えてみればクーラーって経済社会の権化って感じですよね?どうしても白物家電を隠したくなったため、同じ業者さんに特注で作って頂きました。福岡の写真はこんな感じ。

イラストで和を表現する時がきたら参考にしようと思ったので撮った写真。
in大宰府。
大宰府周辺のスタバ。木組みのインパクトがすごいです。いつか、何かに使うかもしれません。

なんだか取り留めのないブログになりました(笑)それでは、また。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。