大福セットのシールをリニューアルしました

お餅のとけしデザイン

当店でも一番出る定番大福四種セットと季節の大福四種セットのパッケージシールをリニューアルしました。元々のパッケージはこんな感じ。


これも、、、、まあ、、、悪くないような気がしないでもないのですが、どうしても図工感が出てしまうんですね。。。これ、なんでこう貼っているかというと、中のお餅の配置を表現してるんですね~。開けた時に、チョコ以外を外見から見分けるのは不可能に近いので、苦肉の策として、シールの位置で伝えているつもりなのです。この場合は「開けた時の頂点にレアチーズ、右にあんこ、下に抹茶クリーム、左に苺大福が入ってますよ」という意味になります。
※図工感とは、学校の授業の図画工作の時間に作ったかのような、どうにも垢抜けない、惜しい雰囲気の事をさします。

自らの首をしめまくった「選べる大福セット」

現在定番大福セット,季節の大福のセットという内容の決まったかたちで販売しております。定番セットがあんこ、抹茶クリーム、レアチーズ、生チョコレート。季節セットは、黒ごまくるみ、ほうじ茶生クリーム、レアチーズ、生チョコレートのセットです。以前は「定番」「季節」という分け方ではなく、ただの4種大福セット。ただし、中身は6種類の大福から4つ選んで頂くというスタイル。これがですね〜〜〜「わかりにくい」というお声をたくさん頂きました。さらに一番の弱点が容器に詰める作業に時間が取られるという点です。そりゃそうですよね?どの大福がどれだけ出ていくのか、予想もつきません。あらかじめ準備できる事がほとんど無いわけです。さらに、詰めたあと先ほどのシールを一枚一枚大福の位置を確認しながら貼っていくわけです。元々お客様に大福セットの中身を選べるという利便性を提供してるつもりが、結果的にお客様をお待たせする事になってしまいました( ̄◇ ̄;)

そして生まれた定番と季節

というわけで、わかりにくいサービスやお客様の待ち時間は改善しなければいけません。対策は4つ。①セットの中身は固定する。②選べる利便性はセット自体を2種類にする事で守る。③2種類のセットに入れる大福の配置は決めておく。④あらかじめ位置の決まった2種類のシールを作る事で今まで5枚のシールを貼っていた作業を一枚貼るだけの作業に短縮。というわけで、このブログのテーマである「パッケージシールリニューアル」は対策その4という事になります。ダラダラと長い前置きになりましたが、ようやく本題に入ります(笑)

シールに入れるべき情報

シールの条件は5つあります。①「要冷蔵」の表記を入れる②「本日中にお召し上がりください」の表記を入れる③大福の中身と配置を表記。④和の雰囲気である事。⑤ロゴを入れる事。になります。このあたりの条件を考えたうえで、デザイナーさんに依頼します。いつものブリッジデザインさんに依頼すると、「すみません。今案件がいっぱいあるのでちょっと難しいです」との事。デザイナーさんを探すところからスタートする事になりました。

新しいデザイナーさんとのミーティング

宜野湾市にデザイン会社を見つけました。アポを取り、はじめてのミーティング。前述の5つの条件をしっかり伝えます。いい感触でミーティングを終えました。その後、2週間くらいで最初の提案を頂きました。3案あり、どれにしようか迷います。しかし、途中で気づきました。条件その3の大福の配置が表記されていませんでした。そこだけ修正をお願いしました。

完成。シン・パッケージシール

ちょっとエヴァやゴジラをオマージュしたタイトルをつけてみました。あれってなんで、「シン」ってつけてるんでしょうね?今度時間があったら調べてブログにしたためてやりたいと思ってます。そういうわけで、完成です。

どうでしょうか?①「要冷蔵」の表記を入れる②「本日中にお召し上がりください」の表記を入れる③大福の中身と配置がわかる事。④和の雰囲気である事。⑤ロゴを入れる事。全ての条件をクリアしているのがおわかりいただけると思います。これまで5枚のシール貼っていた作業が1枚に短縮されました。

ついでにマスキングテープについても考えてみる

そんなこんなで、パッケージシールが完成しました。しかし、前々から気になっていた点がもう一つ。大福セットの横面を固定していたマスキングテープです。どうにもまだ図工感を感じる、、、。


そこで、図工感の原因はなんなのか、古今東西ありとあらゆるマスキングテープを買い込みました。ところが、やってもやっても図工感が消えません。そこで気づいたのです。デザインではなく、貼り方だという事に。

きっちりと縦に貼る事で、着物の帯のような雰囲気が出る事で図工感を払拭する事に成功しました(笑)それでは、また。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です